灰釉壷(清水 卯一 / 1955年)

所蔵: 滋賀県立近代美術館

この作品ほど魅力的な作風はないのでは。
これ以上腫らせないところまで胴を腫らし、力強く真ん中一本線を入れている。口作りもしっかりし、肩から胴体までのロクロ技術。そして、立ち上がりから胴中まで柔らかなロクロ模様。

見た目は何も細工のない灰釉壺だが、卯一のロクロ成形の確かさを示す名作の1点と言えよう。